花粉症の薬はどれがお勧めか

杉で起こる花粉症はかゆみを伴う

春先で多い花粉症は、杉やヒノキ、カバノキといった植物から花粉が飛散することで起こります。鼻や目の粘膜につくと、異物として捉えた体が過敏症状を起こし、細菌やウイルスを退治するのと同じように、クシャミや鼻づまりなどを起こして、異物を排除しようとします。花粉症は主にアレルギー性鼻炎の症状が多く、クシャミ、鼻づまり、鼻水が多いことから、同様に捉えられることも多いですが、花粉症は通年性のアレルギーで、鼻炎以外にも様々な症状を引き起こします。アレルギー性結膜炎もそのひとつで、涙目や充血が起こり、白い糸を引くような目ヤニやかゆみを伴うことが多く、結膜炎が進むと白目がブヨブヨと柔らかくなることも少なくありません。これに加え、最近では喘息を起こす気管支症状と、皮膚症状が報告されています。皮膚症状は杉花粉が飛散する季節になると発症し、皮膚にアレルゲンが接触することで起こるアレルギー性の症状で、スギ花粉皮膚炎とも呼ばれています。杉花粉が皮膚に接触すると発赤が小さく膨らみ、目の回りや首の周囲、その他にも接触した部分で激しいかゆみを伴います。特に花粉が舞いやすい風の強い日に起こりやすく、敏感肌やアレルギー性皮膚炎が基礎疾患としてある人は症状が出やすいようです。春になると何故か肌がかゆい、調子が悪いという人は、スギ花粉皮膚炎の可能性もあります。対策としては、春先の暖かくなってきた頃なので薄着になることもありますが、肌を露出すると花粉と接触する面が増えるので、アレルギー体質の人はなるべく接触しないように、露出の少ない服を選ぶといいでしょう。アトピー性皮膚炎の疾患がなく、花粉症の自覚がない人でも、杉花粉で症状があらわれる人も稀にいるようです。